【デバイス依存から脱却】nasで構築するシームレスな情報活用環境

オフィス

SSDで爆速化

沢山の企業で導入されているシステムとなっています。ファイル共有を取り入れて、共有する為の手間を削減しよう。

実は沢山の方がパソコンが起動しない問題を抱えていることを知っていますか?貴方もその仲間になるかもしれないため、対策方法を知ろう。

IT

nasを導入している企業も多いでしょうが、そのほとんどがおそらくHDD搭載モデルでしょう。HDDは大容量化が簡単で、安価で大容量のモデルを購入することが出来ます。しかしHDDは物理的にディスクが回転している以上、読み取り書き取り速度にはシーク時間が発生し、どうしても時間がかかります。一方HDD以外の選択肢としてはSSDが存在し、SSDはディスクが回転せずに不揮発性のフラッシュストレージを利用してデータの保存を行うため非常に高速にファイルの読み取りと書き込みを行うことが出来ます。SSDを搭載したPCと同モデルで同スペックのPCにHDDを搭載したモデルで速度比較をしても圧倒的にSSD搭載した方が速度が早く、この違いはストレスを感じるぐらいの顕著な差があります。nasはネットワークで接続してデータの読み書きを行うため、常にネットワークの速度に依存しているという特徴を持っています。HDD搭載モデルであればHDDのレイテンシプラスネットワークのレイテンシを加味した時間が必要になり、環境が悪ければ低パフォーマンスになってしまいます。こういった状況を打破するためにもSSD搭載nasを利用してみるのも1つの手といえるでしょう。
SSD搭載のnasはほぼレイテンシを感じさせない程の速度でデータの読み書きをすることが出来ます。ネットワークの状況にもよりますが、データ読み書き部分に関してはレイテンシを見かけゼロにすることも不可能ではなく、大容量のコンテンツデータをよく利用するという場所では非常に高価を発揮するでしょう。例えば動画データをnasに保存して逐一取り出すという状況であれば、コピーする時間が短ければ短いほど作業に移りやすくなります。作業時間を短縮することが出来る上に、ストレスを低減させることに繋がり生産性を高めることも出来るでしょう。ただしSSDにも弱点はあり、その弱点として大容量化をするためにはコストがかかるという特徴があります。HDDの約二倍程度のコストが掛かり、テラバイトになってくるとまだ一般に販売されていないこともあります。しかし速度に関しては確実に差が出てくるため、利用用途を絞ってnasを利用するという事が大切になります。

個々からの脱却

IT

nasを導入することでこれまで個々で使用していたHDDを一箇所にまとめることができ、非常に利便性の高い仕様をすることが出来るようになります。またnasの利用で外出中でもシームレスなデータ操作が可能になります。

詳しくはコチラ

データ保存の種類を知る

女性

データを保存する方法は一般的に大別すると3つの方法があると言われていて、DASとnasとSANがあります。この内nasはDASで出来なかったデバイスの依存の断ち切りを化膿にし、汎用的なデータの利用をすることが出来ます。

詳しくはコチラ

並行処理がトレンド

IT

nasと言っても様々なモデルがあり、ハイエンドモデルのnas製品はネットワーク処理機能やファイルシステムが搭載されていることもあります。自動で通信を最適化したり、またファイルシステムによってバックアップが可能になります。

詳しくはコチラ